This is delicious !!

<   2012年 03月 ( 18 )   > この月の画像一覧




チョコと抹茶のスクエアクッキー

a0221886_13324398.jpg



作って冷凍庫にストックしておける、
アイスボックスタイプのクッキーです。


a0221886_13341013.jpg



ココアを入れた生地に、ヘーゼルナッツを加えたものと、


a0221886_13344123.jpg



抹茶の生地に、刻んだホワイトチョコを加えたもの。

この2種類を一緒につくる、ズボラレシピです♪


<材料>

バター         50g
砂糖         100g
卵            1個
<ココア生地>
薄力粉       100g
ココアパウダー   20g
ヘーゼルナッツ   50g
<抹茶生地>
薄力粉        100g
抹茶           5g
ホワイトチョコ     30g

<作り方>

ボウルにバターを入れて泡だて器で柔らかいクリーム状になるまでねります。
砂糖を4~5回にわけて加え、バターが白っぽくなるまで泡だて器で混ぜます。

卵を5回に分けて加え、泡だて器で混ぜ合わせます。
生地を2等分し、それぞれ2つのボウルにわけます。

a0221886_13412861.jpg

ココア生地を作ります。
粉類を合わせてふるい入れ、ヘーゼルナッツも加えてゴムべらで切るように混ぜます。
ひとまとまりになったらラップの上に出し、四角く形を整え、冷凍庫で固めます。

a0221886_1343351.jpg

抹茶生地を作ります。
粉類を合わせてふるい入れ、ホワイトチョコを刻んで加え、ゴムべらで混ぜ合わせます。
ココアと同様に形を整え、冷凍庫に入れます。

5mm厚に切って、180℃に余熱したオーブンで15分焼きます。


a0221886_13453573.jpg



焼いている途中に焼き色がついてきそうだったら
クッキーの上にアルミホイルをかぶせて、
抹茶のきれいな緑色が残るように焼き上げてください♪

[PR]



by This-is-delicious | 2012-03-31 13:49 | クッキー | Comments(0)

名古屋シュー

a0221886_6181560.jpg



このシュークリームの何が名古屋かというと…


a0221886_619616.jpg



シューの中身です♪
生クリーム×小倉あずき、この組み合わせは、まさに名古屋です♪


a0221886_6224362.jpg



こちらの生地の分量で、写真の倍くらいの量ができます。
中もクリーム&あずきがたっぷりですが、一口サイズなので
どんどん食べれてしまいます~♪

[PR]



by This-is-delicious | 2012-03-29 06:25 | つめたいお菓子 | Comments(0)

Happy Birthday to パパ♪

a0221886_2047573.jpg



今日は父の誕生日ということで、ケーキを作りました。

写真で見ると、実物以上にグダグダでムラムラなクリームで、
こんなモノを載せていいのかとも思うのですが…


a0221886_20472384.jpg



スポンジは、昨日の夜に夕ご飯を作る片手間に焼いておきました。

今朝は、父の前でデコレーションをはじめるわけにもいかず、
朝食を作って家族を送りだしてから
自分が出かけるまでの45分間で、必死に奮闘しました。

スポンジを型から出してスライスし、生クリームを立てていちごを切ってはさみ、
クリームの下塗り→本塗りをし、いちごを可愛く飾りつけたい!と思いつつ
「時間がないー!」と叫びながらとりあえずという感じでいちごを配置し、
時間がないのにさらにデコりたい欲に駆られて
ケーキの下端にクリームを絞ったものの相当グダグダで、
それでも写真を撮らないと!とがむしゃらにケーキを激写し、
どうにかこうにか冷蔵庫へ…

ケーキのデコレーションに慣れていないので、ここまでで30分もかかり、
ホっとしたのもつかのま、まだ部屋着ですっぴんじゃん!!ということに気づき、
残りの15分で歯みがき&化粧&着替えをして会社に行きました…^^;


a0221886_211092.jpg



私は最近まで一人暮らしをしていたこともあり、
お菓子を作るのが好きなわりには
家族の誕生日にケーキを作った記憶がありません。

というか、作るのが焼き菓子ばかりで、
生ケーキはロールケーキくらいだったのですが、
やってみると、ヘタでもデコレーションがなかなか楽しいです♪

いちごの飾りつけも、写真を見て改めてセンスのなさにがっかりなので、
ナッペとデコレーション、練習を積みたいと思いますー!

[PR]



by This-is-delicious | 2012-03-27 21:09 | 生菓子 | Comments(2)

いちご大福

a0221886_14474615.jpg



季節のお菓子、いちご大福をつくりました♪

買うとけっこ値段が張りますが、
似せたものを作るのはすごく簡単で、電子レンジですぐにできます♪

<材料> 4 個分

白玉粉     50g
水        90cc
砂糖       30g
餡子       80g
いちご      4粒   

<作り方>

a0221886_14513892.jpg

いちごは洗ってヘタをとり、周りを餡子で包んでおきます。

a0221886_1452531.jpg

耐熱のボウルに白玉粉を入れ、水を加えてダマのないように溶かします。
砂糖も加えて、混ぜ合わせます。

ボウルにラップをし、600Wの電子レンジに2分30秒かけます。
途中、1分30秒あたりで取り出して、1度混ぜます。

a0221886_1452355.jpg

レンジから取り出し、ゴムべらで練るように混ぜます。
再びラップをかけ、さらに600Wの電子レンジに40秒かけます。
途中、かなりプクーっと膨らんでくるようなら、20秒あたりで一旦取り出して混ぜます。

a0221886_14525982.jpg

片栗粉(分量外)を敷いたバットにあけ、上から少量の片栗粉をふりかけて
手で平たく伸ばし、カードで4等分に切ります。

生地を手で伸ばしながら、いちごを包んでいきます。
生地はかなり伸びるので、周囲の生地をビヨーンとひっぱりながら包みます。


a0221886_14533986.jpg



包む果物は、いちごの他にバナナやみかん、キウイなどでもOKです。
果物&生クリームを包むと、洋風大福になります♪


a0221886_14564378.jpg



切り口がかわいいです~♪

本当に本当に簡単なので、ぜひおためしください♪

[PR]



by This-is-delicious | 2012-03-25 15:00 | 和のお菓子 | Comments(0)

紅茶マカロン

a0221886_6263693.jpg



紅茶を濃く煮出した紅茶液を加え、
さらに紅茶の葉も加えたマカロンを作ってみました。


a0221886_6275135.jpg



出かける予定があるのにどーしてもマカロンを
作りたい衝動に駆られて作り始めてしまい、
案の定「乾かす時間が足りないー!」という事態になり、
最後はドライヤーで乾かしました…


a0221886_630854.jpg



中には、バタークリームとマーマレードをはさんであります。

いつもより薄い仕上がりで、さっくりねっちりの食感も
いつもよりうまく出来た気がしたのですが、
なんでうまくいったのか?が、イマイチわかりません…

まだまだマカロン修行続きそうです!

[PR]



by This-is-delicious | 2012-03-23 06:33 | 焼き菓子 | Comments(0)

ダブルチョコアイス

a0221886_642213.jpg



TVで流れていたハーゲンダッツのCMがおいしそうだったので、
同じようなアイスを作ってみました♪

CMで確か「チョコレートブラウニー」と言っていたので、
チョコレートのアイスにこちらの焼きチョコスフレを砕いて加えました。


こちらのアイスのレシピ(ラムレーズンは入れない)をベースに、
生クリームをいつもよりゆるめに泡立て、そこに
溶かしたチョコレート50gを加えてチョコアイスにしました。


a0221886_6441688.jpg



生クリームと卵を混ぜ合わせるときに、適当に砕いたチョコケーキを加え、
軽く混ぜて冷凍庫で固めます。


a0221886_6443731.jpg



ちょっと細かく砕きすぎたようで、
チョコケーキのかたまりがゴロっという感じにはなりませんでしたが、
とーっても濃厚なアイスになりました♪

[PR]



by This-is-delicious | 2012-03-22 06:48 | つめたいお菓子 | Comments(0)

チョコシフォンケーキ

a0221886_11312368.jpg



春らしく、いちごサンドをつくりました♪


a0221886_11384133.jpg



土台は、このチョコシフォンです。
型から出すのがヘタくそで、ちょっとボロボロしていますが…

ふわんふわんというよりは、少ししっかりめで切るのも比較的切りやすく、
そのまま食べても食べ応えがあるタイプのシフォンです♪


<材料>

卵黄          3個分
砂糖A         30g
薄力粉         50g
ココアパウダー    15g
サラダ油      大さじ2
牛乳         大さじ3
卵白          4個分
砂糖B          30g

<作り方>

ボウルに卵黄を入れ、泡だて器でほぐします。
砂糖Aを加えて白っぽくなるまで混ぜ、サラダ油・牛乳を順に加えながら
泡立て器で混ぜ合わせます。

a0221886_11441926.jpg

薄力粉とココアパウダーをあわせてふるい入れ、
泡だて器で粉っぽさがなくなるまで混ぜ合わせます。

a0221886_11444265.jpg

別のボウルに卵白を入れ、泡だて器の低速でコシを切るようにほぐしたら
砂糖Bの1/3量を加えて、泡だて器の高速で一気に泡立てます。
残りの砂糖を少しずつ加えながら、角が立つメレンゲをつくり、
最後は低速にして1分ほど混ぜ、キメを整えます。

a0221886_1145125.jpg

メレンゲの1/3量を卵黄の生地のボウルに移し入れ、
泡だて器で底から生地をすくっては、ボウルのふちで泡だて器を
トントンとしながら生地を落とす、という形で混ぜます。
メレンゲが見えなくなるまでしっかりと混ぜ合わせます。

メレンゲの残りの半量を再び卵黄の生地を移し、
ゴムべらに持ち替えて、生地を切るように混ぜ合わせます。

a0221886_11453647.jpg

卵黄の生地の中身を、卵白のボウルに全部移し、底から生地をすくっては
その生地に縦にゴムべらを入れて切るようにした混ぜ合わせます。

a0221886_11465111.jpg

型に流し入れます。
型の外側に生地をすりつけるようにし、さらに竹串で放射上に線を入れます。
線を入れたところから水分が逃げるので、キレイに膨らみます。
160℃に余熱したオーブンで35分焼きます。

a0221886_1147273.jpg

焼きあがったらすぐに、瓶などの上にさかさまにして冷まします。
完全に冷めたら、ナイフを周囲にぐるりと差し入れて、型から取り出します。


a0221886_11483293.jpg



私らしい、雑さが全面に出た絞り方ですが…

クリームをはさむ場合、切り込みをあまり深く入れてしまうと
クリームが大量に必要になってしまうので、浅めから調整してください。


a0221886_1151692.jpg



お好みのフルーツをはさんでください♪

いちごをはさむ場合、食べるときには不便ですが、
ヘタを残しておくと、緑色が映えてキレイですよ~♪

[PR]



by This-is-delicious | 2012-03-20 11:52 | 焼き菓子 | Comments(0)

チョコマカロン 

a0221886_13252952.jpg



マカロン修行が続いています。。

これは、前回の抹茶マカロンの、抹茶の代わりに
ココアパウダー5gを加えた、チョコマカロンです。


a0221886_1328294.jpg



ガナッシュ+マーマレードをはさんであります♪

ガナッシュは、チョコレート:生クリームを2:1の分量で耐熱ボウルに入れ、
電子レンジでチンして溶かし合わせた簡単なものを使っています。
チョコレート30gと、生クリーム大さじ1(15cc)という感じです。


a0221886_13303446.jpg



こちらは、シンプルなバニラマカロン。
直径1.5cmくらい。すごく小さく焼いてみました。

レストランでコース料理をいただいたときに、
最後にコーヒーと一緒に出てくるプティフールみたいでカワイイです♪

[PR]



by This-is-delicious | 2012-03-18 13:36 | 焼き菓子 | Comments(0)

抹茶マカロン

a0221886_9154912.jpg



前回ご紹介した、レアチーズケーキの上に乗っかっていたマカロンです。

マカロンは、自分がいろいろお菓子を焼いたなかで
一番たくさん練習したお菓子です(今も修行中…)

すごくシンプルな材料と行程なのに、奥が深いお菓子です!

<材料>

卵白            30g
グラニュー糖       12g
アーモンドプードル   30g
粉糖            50g
抹茶             3g

<下準備>

・粉糖と抹茶を合わせて2回ふるいます。
・アーモンドプードルを目の細かいザルなどで2回ふるい、粉糖と合わせておきます。

<作り方>

a0221886_9295040.jpg

縦長のボウル(直径は狭く深さがあるもの)に卵白を入れ、
軽く泡立てながらコシを切ります。
グラニュー糖の1/3量を入れてハンドミキサーの高速で一気に泡立て、
モコモコしてきたら残りの砂糖を加えながら、
しっかりと角の立つメレンゲを作ります。

a0221886_9302770.jpg

ふるっておいた粉類の半量を加え、ゴムべらで切るように混ぜあわせます。
だいたい混ざったら残りを加え、粉っぽさがなくなるまで切り混ぜます。
生地はふんわりぽってりした状態です。

次のマカロナージュの作業がしやすいように
口径の広いボウルに生地を移しかえます。

a0221886_931381.jpg

マカロナージュをします。
ボウルの底面から側面に生地をゴムべらで押しつけ、何回か繰り返して
生地をいったん集め、また同じように押し付ける作業を繰り返します。

a0221886_9314968.jpg

ゴムべらで生地を持ち上げた時に、生地が途切れずにトロトロ落ちるくらい
まで、60~70回くらいマカロナージュを繰り返します。

a0221886_9322313.jpg

1cmくらいの丸型口金をつけた絞り袋に入れ、オーブンシートに絞り出します。
そのまま、何もかぶせずに乾燥させます。
このとき表面に気泡が見えたら、つまようじで刺して消します。
表面を指で触ったときに何もつかなくなるまで、30分~1時間乾燥させます。

200℃に余熱したオーブンに入れ、18分に設定します。
3分経ったところでオーブンの扉を開けて蒸気を逃がし、
すぐに閉めて140℃に温度を落として残りの時間を焼きます。
焼きあがったら、オーブンシートごとケーキクーラーに移動させて冷まします。


a0221886_9334529.jpg



焼く前に表面を乾燥させて膜を張らせることで、
焼いた時に生地の中の水分が表面から蒸散できず、周囲から逃げていくので、
その跡が、この周りのギザギザした部分、「ピエ」になります。

「ピエ」というのは、フランス語で「足」という意味だそうです♪


a0221886_939202.jpg



これはまた別の時に焼いた抹茶マカロンです。

このときは、柔らかく練った30g+黒糖10g+きなこ5gを混ぜた、
黒糖きなこのバタークリームをはさみました。


a0221886_9414672.jpg



クリームの真ん中に、市販のゆであずきも挟んであります♪


a0221886_9425367.jpg



マカロネージュをする時、ビビらずに大胆にボウルに生地をすりつけ、
生地がとろりとした状態になるまでしっかりとマカロネージュを続けます。

生地を絞ってからは、表面をやさしく指でさわり、
弾力がある膜が貼って生地が指につかなくなるまでちゃんと乾燥させます。

この2つのポイントと、あとは練習のみです♪
ぜひチャレンジしてみてください~♪

[PR]



by This-is-delicious | 2012-03-17 09:48 | 焼き菓子 | Comments(2)

レアチーズケーキ

a0221886_6294014.jpg



レアチーズケーキは、材料を混ぜて
冷やせば完成なので、超簡単なおやつですね♪


a0221886_6355920.jpg



抹茶のスポンジを焼いてあったので、これを底に敷き、
それに合わせてゆであずきを挟み、和風にしました。

スポンジは、こちらでご紹介したスポンジで、
5gを抹茶に変えて作ったものです。

スポンジを焼くのが面倒であれば、
こちらのベイクドチーズケーキで使ったように
クッキーを砕いてボトムにしてもOKです♪


<材料> 12cmの型1台分

クリームチーズ     100g
生クリーム        60cc
ヨーグルト         40g
砂糖            35g
ゼラチン           4g
ふやかす水      大さじ3
レモン汁         大さじ1
スポンジ(12cm)     1枚
ゆであずき        80g

<下準備> 

・分量の水にゼラチンを振りいれ、ふやかしておきます。

<作り方>

ボウルにクリームチーズを入れて泡だて器で柔らかく練り、
砂糖を加えて混ぜ合わせます。

a0221886_6455358.jpg

ヨーグルト・レモン汁を加えてしっかりと混ぜ合わせます。
ゼラチンを、湯せんか電子レンジにかけて液状に、加えて混ぜます。

a0221886_6452536.jpg

別のボウルに生クリームを入れ、とろりとするくらいまで泡立てます。
クリームチーズの生地と同じくらいの粘度が目安です。

クリームチーズのボウルに生クリームを移し、全体を混ぜ合わせます。

a0221886_6463076.jpg

スポンジを敷いた型に1/3量を流し入れ、ゆであずきを中央に円形にのせます。
その上から残りの生地を流しいれ、ラップをして冷蔵庫で冷やします。

型から外すときは、ふきんをお湯でぬらして固くしぼり、
型の周囲にまきつけるようにして型を温め、
型に接する面の生地を少し溶かして型から出します。


a0221886_6472254.jpg



あずきがかなりボリュームある量なので、お好みで減らしてください。
私はとにかく個人的にあずきの豆感が好きなので、
「こしあん」は何においても使わないのですが、
このケーキは、ゆであずきの部分をこしあんに変えた方が、
口あたりが滑らかで、合うかもしれません。

型を使わなくても、レアチーズケーキの生地を
グラスに流し、ちょこっとジャムを飾っても十分においしいです~♪
[PR]



by This-is-delicious | 2012-03-15 06:53 | つめたいお菓子 | Comments(2)

作って贈ってdeliciousな   お菓子たち!!
by YURI
プロフィールを見る
画像一覧

最新のコメント

早速のご回答ありがとうご..
by いっちゃん at 20:45
>いっちゃんさん♪ コ..
by This-is-delicious at 20:36
いつも楽しく拝見しており..
by いっちゃん at 13:20
?さん! それは誤字で..
by This-is-delicious at 13:00
ペーストやらなんらら、..
by ? at 08:14
>ゆみ♪ ありがとうー..
by This-is-delicious at 09:31
このフィナンシェ、ほんっ..
by ゆみ at 12:24
>ゆみ、遊びにきてくれて..
by This-is-delicious at 09:56
う、ま、そーー!! も..
by ゆみ at 19:15
こんにちは。 「有機コ..
by daiheioka at 14:36

検索

タグ

最新の記事

シュークリーム♪
at 2017-08-19 05:44
パンダパン!
at 2017-08-17 07:26
紫の果実のゼリー♪
at 2017-08-16 09:49
わにバーガー♪
at 2017-08-15 07:02
コーヒープリン♪
at 2017-08-14 08:05

外部リンク

ファン

ブログジャンル